「光の保存」に成功、量子コンピューター実現に向け前進という記事より。

オーストラリアのキャンベラにあるオーストラリア国立大学の研究チームは、特殊な結晶の中にレーザー光のパルスを1秒以上捕獲することに成功した。秒速30万キロメートルの光を秒速わずか数百メートルにまで遅くしたことになる。

「19世紀は産業の時代だった。20世紀は情報の時代だともてはやされた。21世紀は量子の時代になると信じている」と研究者が語っているのですが、ちょっと難しいことはよく分かりませんが、光を保存できたことが凄いことというのはぼくにも分かります。

セラーズ博士によると、結晶に閉じ込めたとき光の持つ量子的な情報が結晶に移され、その後、光を解放すると、情報が再び光に戻されるという。

この研究が量子コンピューティングに繋がっていくんだそう。「レーザーを再び結晶に当てると、捕獲されていた光パルスが解放された」というのが、なんか科学しててロマンです。やっぱり難しくて理解できないんですけど。

銀河パトロール隊―レンズマン・シリーズ〈1〉

銀河パトロール隊―レンズマン・シリーズ〈1〉