「宇宙エレベーター」空中昇降テストに成功という記事。

気球から模擬ケーブルを吊した試作機を使って行なったもので、ロボット昇降機を約300メートルの高さまで昇らせることができたという。

そう、宇宙まで繋がるエレベーター「宇宙エレベーター」なんてものがあるんですよね。「軌道エレベーター」という呼び方もされるようです。

ぼくは(確か)モーニングで連載されていた「まっすぐ天へ」で、初めてその存在を知りました。宇宙へ行く方法として、軌道エレベーターを取り扱ったマンガでした。

まさか宇宙空間までエレベーターをつくることなんて考えたこともなかったですから、ほほうそんなこともありえるのかと、驚いたのを覚えています。そして、実際にそれに関する実験が行われているというのも驚き。

記事によれば、

太平洋上の赤道付近に海上プラットフォームを建設し、上空10万キロメートルの宇宙空間までカーボン・ナノチューブ製のケーブルを張って、ロボット昇降機で物資や人間を運搬する。

ということで、非常に頑丈な素材のケーブルが必要になる、と「まっすぐ天へ」でも。これが本当に実現すれば、ロケットよりも大幅なコスト削減が見込めるそうです。繰り返し使えますからね。「2018年4月12日の運行開始を目指している」とより具体的です。

まっすぐ天へ 1 (1)