<大麻所持>全国放浪の“路上詩人”札幌で逮捕という記事より。

札幌中央署は3日までに、“路上詩人”として全国を放浪していた神奈川県横須賀市金谷1、無職、古仲秀行容疑者(25)を大麻取締法違反(所持)の疑いで逮捕した。

新聞にも取り上げられるなど“路上詩人”としては有名な人だったんでしょうか。

十勝方面の山中を放浪した際に見つけた、自生大麻を採り、大麻を所持していたということで“路上詩人”古仲秀行容疑者が逮捕されたそうです。

取り調べに対して「きょうの大麻で 全てをなくすことが すごく苦だ」などと詩で反省の弁を述べているそうで、妙なところでアイデンティティーを発揮しています。字余りな俳句のようです。

驚いたのは、

詩は1枚7000~2万7000円で販売し、毎月20~60万円の収入があったという。

ということですよ。

“路上詩人”はビジネスとして成立するんですね。しかも日本全国を旅するなど、悪い商売では内規がします。ただ、因縁つけられたり大変な面もあるでしょうけどね。全国的に“路上詩人”が増えそうな予感。