北極海の氷、観測史上最小という記事より。

夏場に北極海を覆う氷の面積がこの9月、人工衛星による観測が始まった1978年以来最小を記録したことが28日、分かった。

なんかこう、子供の頃に北極の氷が解けると海面が上昇して低いところの土地が水没してね、なんていう科学のお話を読んだ記憶があるのですが、それも目前ということですか?

「この勢いで氷の縮小が進めば、夏場の氷の消失は21世紀末よりかなり早い時期に起こる」ということですが、氷が消失したら‥‥。しかもあと100年もない訳ですね。孫の世代には‥‥とか考えちゃいますよ。

氷が減って海が太陽熱を多く吸収することで、氷の縮小に一層拍車をかける悪循環に突入した恐れが大きい

どうしたらいいんでしょうね。CO2を減らしましょう、とか呼びかけしているだけでいいんだろうか。日本列島ほぼ3個分の氷が消失してしまったそうです。