IT上級者の会話は意味不明……「もっと易しく話して」とのリクエスト多という記事より。

調査結果によれば、社内のITスタッフなどと会話している時に、難解なIT専門用語が使われたため当惑してしまったことがあるとの回答が、全体の67%に上っている。

IT関連の専門用語がオフィスワーカーなどに与えている影響を調査した最新レポートだそうです。

「まるでIT上級者が見知らぬ外国語でも話しているように感じたことがある」という回答も56%もあったそう。さらに理解できずに困っていることを「会話中のITスタッフは気づいてすらいないようだった」との回答も40%に。

これは気をつけないといけませんね。何が分からないのかも分からないで何気なく使っているところもあるので。

「帯域」「HTML」「ホスト名」「エイリアス」「IPアドレス」が、難解なIT専門用語のトップ5だそうです。けっこう普通に使ってしまいますね。