「クールビズに一定の効果」、東京電力が今夏の電力需要動向という記事より。

東京電力はクール・ビズによる電力削減効果を6〜8月で7000万kWh程度と試算している。

どういう試算方法なのか詳しくは分かりませんが、東京電力ではクールビズによる電力削減効果を6〜8月で7000万kWh程度と試算したそうです。

最大電力が「冷房需要の大幅な増加などがみられなかったことから低めの水準」になったそうなのですが、これが節電・クールビズ効果が見られたと分析されています。

クールビズのおかげで、室内のエアコン設定を1度でも2度でも上げるという習慣が広く知られ、さらに実行されるようになった、という効果が多少なりともあったということなんでしょうね。