注射「痛くない」と思えば痛み軽く…日米共同研究という記事がありました。

前もって痛みが小さいと思い込むと実際の痛みも和らげられることを、西宮協立脳神経外科病院(兵庫県西宮市)の小山哲男医師と米ウエークフォレスト大のロバート・コグヒル助教授らが脳活動の分析で確認した。

ほほう、こんな研究があるのですが。

注射される時に「痛くない」と強く思うと、痛みが軽くなるそうです。何事も信念が大切ということですね。ちょっと違うか。

実験結果から「思いこみ」が痛みを感じる部位の反応を低下させていることがわかったということなのですが、これ注射が痛くないと思いこませるのには、例えば子供だとけっこう苦労しそうです。

心頭滅却すれば火もまた涼し、みたいな心境にならないと効果がないかもしれませんな。