CDやDVDのレンズクリーナーの「乾式」と「湿式」の違いは? という記事がありました。

CDやDVDのレンズクリーナーには乾式と湿式がありますが、これらの違いは何ですか。また、DVD用、CD用などと分かれていますが、パソコンのドライブにはどれが適していますか。

確かに、レンズクリーナーには「乾式」と「湿式」がありますが、違いについて考えたことはなかったですし、聞かれてもこれは答えられないです。

レンズクリーナーはそもそも、CDやDVDドライブのレンズをきれいにするためのもので、PCなどだとファンなどからゴミが入って付着することもあるそうで、たまにクリーニングしておくと良いようです。

CD用、DVD用の違いは「DVD用には映像をチェックするための画像が入っていたりすること」で、基本的な構造は同じだそう。

「乾式」と「湿式」の違いは、

乾式は、ほうきを使う掃き掃除で、ほこりなど簡単に取れやすいゴミを取り除きます。湿式はぞうきんなどを使う拭き掃除と同じで、油汚れ、たばこの煙などによってレンズに付着したゴミをクリーニング液を付けたブラシで拭き取ります。

というもので、普段は「乾式」で、たまに「湿式」を、という感じだそうです。