海釣りで針に男性遺体がかかるという記事より。

4日午前0時20分ごろ、大分県佐伯市葛港の佐伯港で夜釣りの男性の釣り針に男性の遺体がかかり、佐伯海上保安署に届けた。

夜釣りをしていたら遺体が釣れたなんて、これは恐ろしいですね‥‥。

遺体の男性の身元も分かり、自殺の可能性が高いとして捜査しているようです。

釣り人が複数の針を付けたさおで釣りをしている最中に当たりがあった。釣り糸を手繰り寄せていくと、急に引きが重くなったので引き寄せるのを中止。

海面をライトで照らしたところ、人の足のようなものが浮かんでいるのが見えたそうです。もしその場に居合わせたとしたら、普通でいられるかどうか自信がないですね。