大学教員の日常・非日常:レポート丸うつしを見破る方法というエントリーがありました。

ということで、フラスコが「こいつはインターネットや書籍丸うつしだな」と感じる瞬間と、コピペと感じさせないための対策をお教えしましょう。

大学教員、フラスコ先生の「レポート丸写しを見破る方法」です。

素人編、初級編あたりは「それパクってるやろ!」と明らかに分かる感じですが、上級編とかになると高度ですね。こうした見抜き技も、インターネットが使いこなせてこそかな、という気もします。

インターネットで検索してきてコピー&ペーストがたやすいからこういう問題も生じるのでしょうね。ただ、学生のスキルもまちまちでしょうから、パッと見で判断がつくレポートも多そう。

「ばれずにコピペするための必要な能力」が次のように書かれています。

・ワープロ操作で、コピペした文章の書式が直せる
・テーマに沿った内容の文章を選別できる
・不自然な文章にならないように、日本語が添削できる
・文章の内容に過不足がでないように、日本語を追加、修正できる
・検索エンジンを使い、他の人が安直に利用しないサイトを探しだせる

ここまでできるんだったら、文献として引用して自分のレポートを書くくらいの能力もありそうな予感。