P2Pで「進化」を続けるウィンドウズ海賊版という記事がありました。

昨今の海賊版制作者は、単にウィンドウズを不正改変・コピーするだけにとどまらない——自分たちはウィンドウズを改良していると主張しているのだ。

海賊版ですから本来は推奨されるべきではないソフトウェアですが、BitTrentなどのP2Pネットワークでは様々なバージョンのWindows XPを入手することが可能になっているそうです。

しかも、同じ作者が利用者からのフィードバックをもとに日夜改良していたり、「起動時に使用するユーティリティー・ソフトが数十本収められて」いたりするそうです。

ライト・エディションでは、本当に基本的なOSの要素以外はすべてそぎ落とされている。『Windows Media Player』(ウィンドウズ・メディア・プレーヤー)も、マニュアル・ファイルもなく、用意されたドライバー類もかなり少ない。さらに、最小システム要件を満たしているかを確認するチェックも省かれているので、インストールにかかる時間も短縮される。

こうした“軽いバージョン”を求めているユーザがいるんでしょうね。