つくばと秋葉原を最短45分で結ぶ「つくばエキスプレス」が開通しました。早速、試乗レポートがありましたので、関連記事とともにご紹介です。

車両の顔もメカっぽいですし、ホームに可動式の柵が合ったり、無線LANが使えたりと、沿線に住んでみたくなるような電車ではあります。まだ駅前には何もないところが多そうですが、街の雰囲気も変わるでしょうし、沿線に大きな影響があるのでしょうね。

細君の実家が最寄りにあるので、いつか「つくばエキスプレス」に乗って行ってみたいと思います。

■関連記事

アキバからつくばへ——「TX」に乗ってみた

JR秋葉原駅の電機街口から徒歩約2分。「東西自由通路」を抜けるとTX秋葉原駅の入り口がある。地下33メートルの駅ホームまで、エスカレーターを乗り継いで5分ほどだ。

アキバ再編進む TX開通で

開通に先立ち、高層ビル「秋葉原ダイビル」が3月に完成。9月16日にはヨドバシカメラの巨大店舗がオープンする見込みだ。

トンネルでも繋がる「つくばエクスプレス」の無線LANトライアルを体験

列車での移動中、Webサイトの閲覧やメッセンジャーによるチャットを行なったが、時折反応が遅くなることはあるものの、接続自体が切れることはなく、トンネルの中であっても快適なアクセスが得られた。

あの「つくばエクスプレス」に“開業時初乗り”してきました

秋葉原のヲタクでつくばのサイエンスのマニアとしたら、これに乗るのは義務のような気がする。乗り系の鉄道オタク(“乗り鉄”という)の儀式「開業時初乗り」をやってみることにした。