老化を防ぐホルモン発見 米大学の日本人研究者という記事。

老化を防いで寿命を延ばす働きのあるホルモンを、黒尾誠・米テキサス大助教授らのグループが世界で初めてマウスで発見し、26日付の米科学誌サイエンスに発表した。

ヒトでもこのホルモンを作り出す同様の遺伝子が見つかっているそうで「動脈硬化やがん、認知症など加齢に伴うあらゆる病気の予防や治療法開発につながる成果」なんだそう。これは凄い。

黒尾氏は「不老長寿の薬を作ることも原理的には可能と言える。寿命の操作という観点ではなく、さまざまな生活習慣病について、個々にではなく一括して発症を遅らせたり症状を軽くしたりする治療に道を開くと思う」とコメント。

例えばですよ。通常の8~10倍の速度で老化する難病プロジェリアに冒されているアシュリーちゃんの治療にも効果があったりするのでしょうかね。今すぐでなくても、希望になると良いですけど。