スクウェア・エニックス、タイトー株式の公開買い付け開始。タイトーを完全子会社化へという記事より。

株式会社スクウェア・エニックスは、株式会社タイトーの株式を公開買い付けにより取得すると発表した。

これ、マジですかね。マジソン郡の川、なんですかね。

もしスクウェア・エニックスの買い付けが成立した場合、同社はその後に予定される株式交換などにより、タイトーを完全子会社化する。

ということで、タイトーもスクウェア・エニックスによる公開買い付けに賛同しているそうで、敵対的買収ではないそうです。

スクウェア・エニックス、タイトー共同記者会見。によれば、

世代機の登場でゲーム業界は転換期を迎えている。ネットとコンテンツの融合で産業の構造的な変化をむかえ、提携の動きが早まった。そろそろ仕上げにかかりたい

と社長。具体的な事業計画に関しては、公開買付が実現した時点で発表するそうです。

アーケードゲームに関して、スクウェア・エニックスは手をつけていない分野だが「かなり工夫の余地はある」とコメント。

「(事業などで) かぶるところがなく、相互補完できる」という考えだそうです。確かに作っているゲームの方向性は違う気がしますね。

■関連記事

スクウェア・エニックスがタイトーを友好的に買収――社名、ブランド名は変更せず

スクウェア・エニックスは「ドラゴンクエスト」や「ファイナルファンタジー」などの家庭用ゲームソフトを主力事業としているのに対し、タイトーはアミューズメント施設の運営や業務用ゲーム機器の開発等を主力としている。