48時間で消えるDVD、600円で発売です。

出版取り次ぎ大手の日本出版販売は、開封後48時間程度で再生できなくなるDVD「48(よんぱち)DVD」を、9月17日に首都圏のコンビニで発売する。

レンタルDVDのように返却しなくて良い、というのが最大のメリットでしょうか。600円という価格を高いとみるか、安いとみるか。

米FlexPlay Technologiesの技術を活用した。ハムの真空パックのように、DVDを真空パックして販売。開封するとディスク表面で化学反応が始まり、48時間あまりで再生不能になる。

海外で先行して技術が利用されていますが、あまり評判が芳しくなかったような気がします。なにしろ、48時間で見られなくなった後はゴミになってしまいますからね。日本での反応はどうなるでしょうか。