<長崎県宇久町議会>町長の給与を99%カット 3カ月という記事より。

同町では先月、97~05年度に町内の家屋約3000棟のうち少なくとも2850棟で、算定ミスに気付かず固定資産税を取りすぎていたことが発覚。

長崎県宇久町議会が、田中稔町長の給与を99%カットする条例改正案を全会一致で可決したそうです。

725,200円→7,252円

同町では先月、97~05年度に町内の家屋約3000棟のうち少なくとも2850棟で、算定ミスに気付かず固定資産税を取りすぎていたことが発覚。

このミスの責任を取るために、議案は町長自身が「町民に申し訳ない。自分たちの身を切って還付金の原資にしたい」と発案したそう。地方自治法の規定で100%カットができないため、99%になったそうです。

県民税・町民税(月額5万円)と町職員共済組合の負担金(月額1万円)を納めるとマイナスになりますが、「貯蓄を取り崩して生活していく」と町長は語っています。他にも助役や収入役もカットして約550万円を捻出するそうですが、還付金には大幅に足りない見通し。

このニュースを潔し! これくらいカットしないと‥‥と思って読んでいたのですが、来年に佐世保市との合併を控えているそうで、佐世保市議会では「だまされた。合併に伴う条例改正案を否決すべきだ」という声も出ているそうです。微妙だ。