KDDI、ツーカーグループ3社を吸収合併〜auとツーカーの機種変更も検討という記事より。

合併方式は、KDDIを存続会社とする吸収合併方式で、ツーカー各社は解散する。

ツーカーセルラー東京、ツーカーセルラー東海、ツーカーホン関西のツーカーグループ3社がKDDIに吸収合併されることになったそうです。合体してシナジー効果を高める、というのが主な理由。

10年くらい前は、ツーカーとか東京デジタルホンとか今とは違う携帯電話の世の中があったことを思い出しました。ツーカーは現在はボーダフォンでローミングしているそうですが、そういえば10年前はローミングとか普通でしたね。

■関連記事

KDDIがツーカー3社を吸収合併,四半期決算は当期利益が増益

サービスのブランド名やネットワークの統合などは,今後具体的に検討し始めるという。ただ,「ユーザーに迷惑をかけないように,現行のツーカーのサービスはそのまま提供し続ける」と小野寺社長は強調。

KDDI、10月1日にツーカーを吸収合併

ツーカーブランドの存在意義について「ツーカーのブランド自体は強くない。しかしシニア層など、あるセグメントに特化して展開するブランドがあることはマイナスではない」とコメント。