大バトル勃発! AmazonレビュアーVS著者という記事がありました。

Amazonのレビューに著者の吉田望が反論、さらにレビュアーが反論。お互いのブログに戦場を移して論争が行われている。

Amazonのレビューを巡り、著者がレビュアーのブログで反論を繰り広げているという話で「終始冷静な文章で反論するnomadicaさんに対し、著者吉田さんは大人気ない書き込みで大暴走」となっていたようです。

このレビューを巡った論争も凄いですが、これを記事にしているエキサイトブックスもなかなかにチャレンジャーです。

↓の書籍を巡ってバトルが繰り広げられていました。

会社は誰のものか

このたび新潮新書より「会社は誰のものか」を刊行させていただきました。フジテレビとライブドアの騒動を見て、会社が登場した直後から生まれ、陳腐とさえ>思えるこの普遍テーマにあらためて取り組んでみたいと考えました。

会社は誰のものか