モルガン前CEOが辞任で49億円ボーナスという記事より。

米証券大手モルガン・スタンレーのフィリップ・パーセル前最高経営責任者(CEO)が、辞任に伴うボーナスとして総額4390万ドル(約49億3000万円)を受け取ることが、同社が7日に米証券取引委員会(SEC)に提出した報告書で分かった。

とんでもないボーナスですね。さらに年間25万ドルの終身手当も受け取るそうです。3,000万円弱くらいでしょうか。49億円貰えれば、こんなのいらない気もしますが。他にもパーセル氏が選んだ慈善事業に毎年25万ドルを寄付するというオプションもあるそうで、もう何が何やら、という感じです。

これらの報酬を受け取る条件が「米証券業界から身を引くこと」だそうで、もし競合他社のトップなどに就任した場合には権利を失うことになるそうです。これだけお金を貰っていると気持ちを充実させるために「仕事したい‥‥」とか思うようになるんでしょうかね。はてさて。