「オタク検定試験」8月実施へという記事より。

“オタク知識度”を認定する「第1回全国統一オタク検定試験」が来月実施されることが4日、分かった。アニメ、ゲーム、同人誌など東京・秋葉原で人気の“アキバ系”ジャンルに関する設問を中心に出題され、合格者には認定証を発行する予定だ。

なんと「オタク検定試験」ですと! ついに「アキバブーム」到来でしょうか。この試験に合格すると「オタク認定」となる訳ですね。

この「オタク検定試験」は、同人誌やアニメ、ゲームなどオタクカルチャーの情報誌「マガジン・エルフィックス」(ビブロス刊)が主催するそうで、問題は8月5日発売の付録となっているとのことで、販促の一環として「オタク検定試験」が考えられたようです。

設問は、選択肢形式などの50問程度になる見込み。同誌に付いている解答用はがきに答えを書いて主催者側に送付すればエントリー完了。採点の結果、同誌が成績上位者を「合格者」として同誌10月5日発売号で発表し、認定証も発行するという。

インターネットで検索したり、中には回答例をウェブで掲載する人も出てくるでしょうから、かなりハイレベルな戦いになりそう。

「今やオタクは日本が世界に誇る文化。新世紀は『オタクの時代』と言っても過言ではない。正しく美しいオタク知識を身に付けた人物『オタクエリート』の育成とオタク文化の発展を目的として、開催することにした」と編集部。

4月号では「模擬試験」として、過去のコミケのサークル参加数推移グラフを掲載した上で「グラフ中の『ア』の部分では参加サークル数が激しく変化している。理由を1行程度で述べなさい」などの例題が掲載されていたそうです。分かる人には分かるんだろうなぁ。