マックが業績予想を大幅下方修正、低価格戦略が裏目という記事より。

少子高齢化の進展をにらんで、4月中旬から集客力を高めるため、3年ぶりに打ち出した低価格戦略が裏目に出た。

店員の増員、PR用割引券のコストがかさんだそうです。しかし原田社長は「来店客数を伸ばして収益を拡大する戦略は間違っていない」とコメントしています。

確かに。とりあえずお店に来てもらわないことには、売上が立たない訳ですから。

「低価格戦略」とされていますけど、「セットメニュー5種類の価格を500円、チーズバーガーなど7種類の商品を100円」というのはそんなに割引なんでしょうかね?

個人的には安くなったというよりは、料金体系が分かりやすくなって、その分店を訪れる際の心理的障壁が低くなったのを感じていたのですが。とりあえずマックシェイクが100円だから行ってみようか、みたいな感じで。

ふと思ったんですが、

・関東はマック
・関西はマクド

と言われていますが、マックシェイクは関西ではマクドシェイクの方が言いやすかったりするのでしょうか? どうでもいい話なんですけど。

05年6月中間決算の経常利益は、2月の予想より95・6%減の1億円、税引き後利益は87・2%減の2億円にとどまる見通し。

確かに大幅減ですから、現状では「裏目」ですね。