新鮮さ薄れ…小泉メルマガ4周年、登録者数は長期低落という記事より。

02年1月に227万人とピークを迎えた。しかし、同月の田中真紀子・元外相の更迭後に減少が始まり、最新の191号時点の登録者は162万人で、ピーク時の7割に落ち込んだ。

最近では「小泉内閣メールマガジン」が話題になることもほとんどありませんし、ぼくも2年くらい前に講読を中止してしまったので、内容がどのように変化しているか分からないのですが、アンケートには次のような意見がよせられたそうです。

「もっと本音で語ってほしい」「役所言葉を改めてほしい」など、首相らしい率直な話しぶりを望む声が多かったという。

創刊から4年が経過していますから、マンネリ化してきてしまったんでしょうか。役所言葉で建前ばかりのメールマガジンて‥‥つまらなそう!

「当初は首相に直接手紙をもらう新鮮さが受けた。今はメルマガ自体の物珍しさは薄れ、内容も当たり障りのないものになっている」と分析しているそうです。ここは一つリニューアルすべきでしょうね。

もしくはブログでしょ!

小泉ブログ。