広い窓と高い車高、日産がミニバン「セレナ」をフルモデルチェンジという記事より。

2WD車、4WD車のそれぞれに「20RS」「20RX」「20S」「20G」とサイズやフロント部のデザインなどが異なる4モデルを設定。価格は210万円~253万500円。月間6000台の販売を目指す。

当時は他になかった両側スライドドアなどが魅力でセレナに乗っています。

フルモデルチェンジのデザインを見た印象としては、少し丸みを帯びたかな、ということ。個人的には現行のよりボクシーなデザインの方が好みです。どちらかというと、若者よりも中高年を意識した落ち着いたデザインと言えるのでしょう。最近の日産らしいデザインです。

しかし、「5ナンバーの車だからこそ、限られた空間をいかに使うか考えて背を高く、中を広くした」と居住空間の広さは相変わらずのようです。ステップを低くして「ドア側のセカンド・シートを折り畳めば、ベビーカーをそのまま乗せられるという」のもファミリーには嬉しいところ。

最近のミニバンは背の低いタイプが多いですが、運転するにはそれなりに高い方が楽なんじゃないかなぁ、とセレナに乗っていて思います。