<新社会人>8割以上が上司の酒の誘いに前向きという記事。

キリンビールが今春の新社会人約1000人に行ったアンケートで、8割以上が上司の酒の誘いに前向きという結果が出た。キリンは「新たなスタートを切り、早く会社になじもうとする意気込みや緊張感からではないか」と分析している。

若い人は誘いに乗ってこない、あまりお酒を飲まなくなってきた‥‥などの記事がけっこう目につく訳ですが、やはり最初は気合いの入り方が違うようですね。

「上司から飲み会に誘われたら行くと思うか」との質問に、

11%が「優先して行く」
75%が「都合が合えば行く」
13%が「先約があれば行かない」
0.1%が「先約がなくても行かない」

と回答しています。基本的には行く方向で。

「飲み会で優先したい相手」は、会社の上司や先輩、同僚といった会社関係が計59%と多く、プライベートの友人の14%、恋人の11%との差が大きかった。

まあ最初はね、やはり空気をつかむためにも、ある程度は飲み会は参加した方が良いですよ。普段見られない一面も見られたりして、仲良くなれたりする場合もあるでしょうから。

会社関係の飲み会の支払いについては、

・「上司や先輩が多く支払うべきだ」が40%
・「割り勘が基本」が43%

だそうで、「上司にとって今年の新人君は誘いやすそうだ」と。でも、新人君には払わせないと思いますよ。