ライブドアとニッポン放送問題、愛だけでいいのか?という記事が、「from ガ島通信 メディア崩壊の現場を歩く」として、nikkeibp.jpで連載が開始されています。

今回の問題でも、メディアとネットの関係や収益構造の議論ではなく、「愛」という言葉でしかライブドアに対抗できなかったことが、経営者不在を如実に表していると思う。一部のオーナー企業を除いて、多くが新聞記者やテレビ・ラジオマンから経営陣になる。

さらに、

取材や営業先で先輩について聞かれ「あの人が。昔は若いころ現場を駆けずり回っていたのにね…。そんなに偉くなって」と感慨深げなコメントを聞いたことは一度や二度ではないだろう。元ディスクジョッキーや元記者の経営者には、確かに「愛」はあるだろうが、中には帳簿も読めない人もいる。それでいいのだろうか?

と続きます。

トラックバックこそありませんが、コメントが付けられるようになっています。

新聞社を退社された、というところまでは知っていたのですが、まさか「from ガ島通信」として復活されるとは。ブログで人生が変わった、と言っても良いでしょうかね。