電話の発信者番号は偽装できる?という記事より。

「振り込め詐欺」で,110番や119番,家族の電話番号を発信者番号として表示させる偽装行為が増えている。そのため,事業者は急きょ対策を講じた。しかし,完全に防ぐのは難しい。そこで今回は,この発信者番号偽装のしくみを見ていく。

発信者番号が偽装できたなんて知ってました? まさかそんなことができるなんて、思いもしませんでした。そういう仕組みを知らないと、振り込め詐欺で携帯電話に「110」からかかってきたら信用する他ないですよね。

携帯電話事業者は、

(1)自網内で発信を受け付けた通話
(2)ほかの事業者からの通話

で発信者番号を表示させるのですが、(1)の場合は端末に割り当てた電話番号が発信者番号として表示されますので、偽装は不可能だそうです。問題は(2)の場合で、「通信事業者間のインタフェースは,着信要求と同時に発信者番号を受け取るよう」なっており、この時受け取った発信者番号はチェックがされないんだそうです。ここで偽装される!

海外には,任意の発信者番号を指定できる発信者番号指定サービスが存在する。これは電話中継サービスの一種で,ここに電話して,相手に通知する発信者番号と通話先の番号をプッシュボタンで指定すれば,任意の番号を相手に伝えたうえで相手と通話できる。

このような仕組みを利用し、あたかも「110」からかかってきたように偽装していたそうです。

問題を認識した携帯電話事業者は,3月に入って相次ぎ,海外からの発信者番号のチェックを厳しくした。この対策により,従来の手口での発信者番号の偽装はできなくなった。

良かった〜、と思いきや、記事によれば「これで発信者番号偽装の危険性が一掃されたわけではない」と。「国内事業者からの発信者番号は互いに信じるのが原則」で、チェックの甘いIP電話サービスが提供される可能性もあるのではないか、と。

「ユーザーは,表示された電話番号をそのまま信じるのではなく,必要に応じて相手にかけ直すといった自衛策を講じたほうがよさそうだ」ということで、「110」「119」からかかってきたら、折り返し電話をかけよう、くらいの落ち着いた気持ちで応対した方が良さそうです。実際、例えば警察が「110」からかけることなんてないんだろうしな、きっと。