双子7組が卒業 あす南箕輪中という記事より。

双子は、男子三組、女子二組、男女二組。入学時は背丈も一緒で見分けがつかず戸惑った教諭らも、卒業を直前に控え「成長して、身長や顔つきも変わってやっと分かるようになったのに、もう卒業とは」という。

「平成になって生まれた七組の双子十四人が同時に卒業する」ということで、全校生徒が何人いたのか、なぜそんなに双子が多いのかは記事からは分かりませんが、同級生も最初は見分けがつかずに大変だったでしょうね。双子同士でお付き合いしたりとかはないのだろうか。

七組の双子たちは「たくさん双子がいたので、特に意識しないで学校生活を送れた。卒業してもまた七組で会えたらいい」と口をそろえる。