米研究チーム、笑いは血管にも好影響という記事より。

健康な男女20人にお笑い映画と戦争映画を見せ、それぞれの映画の前後に超音波で血流を測定。お笑い映画を見た後では20人中19人で血管が拡張、血流が平均で22%増えていたが、戦争映画の後では14人の血流が平均35%減っていた。

結果、お笑い映画を見て思い切り笑うと、血管が広がり、血液の流れがよくなる、という結論になったそうです。笑いすぎて、脳の血管が切れる心配もありそうですが、概ね“笑い”は健康によい、ということなんでしょう。

研究者は「週3回の運動と毎日15分間の笑いを」と勧めているとのこと。

あっはっはっはっはっ。

笑いの効用については「免疫を高める」「ストレス関連物質を減らす」などの報告はあったが、血管への影響が分かったのは初めてだという。

あっはっはっはっはっはっはっ。