憧れの経営者第1位はゴーン氏という記事より。

オールアバウトは3月3日、総合情報サイト「All About」のユーザーが選んだ「憧れの経営者」ランキングを発表した。トップは日産自動車社長兼CEOのカルロス・ゴーン氏が獲得。特に30代の男女から強い支持を集めたという。

ゴーン氏に投票した人は、

「有言実行、この人について行けば間違いない」
「多くの日本企業に多大な影響を与えた人物」
「家族を大切にしている」

といったコメントが寄せられているそうです。

インターネット上の投票であることが大きく反映されたということで、2位以下にはIT業界関係者が並んでいます。

1 カルロス・ゴーン(日産自動車)
2 堀江貴文(ライブドア)
3 三木谷浩史(楽天)
4 孫正義(ソフトバンク)
5 本田宗一郎(ホンダ創業者)
6 松下幸之助(松下電器創業者)
7 ビル・ゲイツ(Microsoft)
7 渡邉美樹(ワタミ)
9 御手洗冨士夫(キヤノン)
10 スティーブ・ジョブズ(Apple)
10 張富士夫(トヨタ)

2位は堀江社長ですか。

■関連記事

「憧れる経営者」の首位は日産ゴーン氏、2位にライブドア堀江氏

同ランキングは、All Aboutの「キャリアプランニング」ガイド角田正隆氏が主催したユーザー投票の結果。2005年1月27日~2月9日にかけて実施し、有効回答数495票をもとに、1~14位までを同社Webサイトで公開している。