禁制の酒、アブサン正式解禁=19世紀から欧州で大流行-スイスという記事より。

中毒性があるとして、発祥の地スイスで約1世紀にわたり禁止されていた蒸留酒「アブサン」が1日、正式に解禁された。

えー、なにー!? あぶさんなんていう非合法の酒があったのー!? って思ったのはぼくだけじゃないはず。

あぶさん (1)

全然違う訳ですが。

「アブサン」は19世紀から20世紀初頭にかけてフランスを中心に欧州で大流行し、ランボー、ボードレール、ゴッホら詩人、画家のインスピレーションの源になったと言われているそうです。ドラッグ的な酒ですね。幻覚症状を引き起こすとして非合法化されていたそうですが、「科学的に見て問題ない」として再び市場に出ることになった。 

何がインスピレーションの源になったんだろう?