CBっていったい何?という記事。

CBはConvertible(転換できる)bond(債券)の頭文字をとったもので、転換社債とも言われています。平成14年4月以降は(商法改正により)、「転換社債型新株予約権付社債」と呼ばれています。

ライブドアのおかげで有名なキーワードになった「CB(転換社債)」ですが、きちんとした意味を知っている人は少ないのではないでしょうか。ぼくもその一人です。ということで、この記事で勉強したいと思います。

CBは、上記の観点からまさに「社債」なのですが、+アルファ部分として、その発行している企業の株券に転換することができるという「権利」が付いています。つまり、CBという“債券”を購入している投資家が、債券を“株券”に変えることが可能なのです。これはあくまでも「権利」ですので、この権利を使って株式に変えるかどうかは、投資家の自由です。

■関連記事

「大和のお粗末、リーマンの貪欲」、ライブドアのニッポン放送株取得

リーマンはライブドアのCB(転換社債型新株予約権付社債)の引き受けにより、800億円を同社に投資した。売上高100億円のライブドアにその8倍もの資金を投じたことで、リーマンは気前のいい投資家に映る。しかし、その取引構図を見ると、利益への執着ぶりがよく分かる。堀江社長ばかりが目立つが、資金提供などを仕組んだリーマンこそが陰の主役だ。