NTT、触れるだけで高速通信できる新技術「レッドタクトン」という記事より。

レッドタクトンは、携帯端末などユーザーが身につけた端末同士や街中の機器間で、人の体を伝送経路として触れるだけで最大10Mbpsの近距離通信が可能な新技術。触れる・握る・歩くといった人の自然な動作の中で双方向の通信が可能だとしており、NTTでは将来的にユビキタス時代の社会インフラを目指しているという。

レッドタクトンは、人の体を伝送経路として、携帯端末などで最大10Mbpsの通信が可能なユビキタス技術だそうです。例えば、Edyがレッドタクトン対応すれば、自動販売機にタッチするだけでジュースが買えるようになるでしょうか。
 

電波や光ではなく、人の体の表面電界を利用した通信技術となり、送信側のレッドタクトンのデバイスでは、人の体の表面に微弱な電界を発生させる。人体の表面を通じてレシーバー側に到達した電界は、微弱な電界の測定を行なうセンサー「フォトニック電界センサー」によって受信、電気信号に変換される。

・携帯端末と街中や施設に埋め込まれたコンピュータ間でのOne-to-Oneサービス
・ノートパソコンをテーブルに置くとネットアクセスできるサービス

などの事業が考えられるそうです。ちなみに「Bluetoothに対抗してレッドと付けた」そうです。

気になるのは人体への影響だと思いますが「電流が人体を流れることはない」そうです。なおレッドタクトンは、総務省の安全基準(RCR STD-38)をクリアしているとのこと。