エンジニアは服には金をかけないという記事より。

「給料の使い道で、毎月もっとも金を使うものは何か?」とたずねたところ、もっとも多かったのは「飲食費」で41%で、次いで、「居住費」(24%)と、食・住が並んだ。

以下、「貯蓄・利殖」(10%)、「デート・交際費」(5.7%)、「クルマ代」(3.7%)、「ギャンブル代」(2.7%)、「書籍代」(2.0%)、「旅行費」(2.0%)、「技術習得に関する費用」(1.7%)、「洋服代」(1.3%)と続き、衣に対する比重がもっとも低いということで、あまり服にはお金を使っていないということが、「リクナビNEXT Tech総研」で実施した「エンジニアの給料の使い道」に関する調査から分かったそうです。とりあえずあるものを着て、新しい服を買うんだったら貯蓄に回す、とか、そんな感じなのでしょうか(強引な解釈)。

月収などを項目ごとに回答してもらった平均値を見ると、「手取り月収」は32.3万円。「ひと月の貯金額」が5.8万円ある一方、「ローン返済額」も3.8万円あり、「住宅家賃」は5.03万円。「飲み会」などには月に平均2.2回出かけ、「1回の飲み会で使う金額」は5500円という姿が浮かび上がった。

きちんと貯蓄するんですね。家賃も意外に安い。無駄な服も買わないし、飲み会も隔週で出掛けるくらいだし、エンジニアは堅実派?