ソフトバンクがC&W IDCの買収を完了、社名を「日本テレコムIDC」にというニュースより。

ケーブル・アンド・ワイヤレスIDC(C&W IDC)は、2月17日より社名を「日本テレコムIDC」に変更すると発表した。

今回の社名変更は、ソフトバンクがC&W IDCの発行済普通株式の99.99%にあたる120億8,663万2,927株を取得し、買収を完了したことを受けて行なわれるものだそうです。

確かに、ポジショニングとしては「日本テレコムIDC」という位置づけなのでしょうが、ちょっと「日本テレコム」本体と間違いそうですね。

新社名は、ソフトバンクが総合通信事業の中核として位置付ける日本テレコムと、1986年に設立されたIDC(旧国際デジタル通信)の融合を意味するもので、2月17日開催の株主総会で決定された。