25年後に小惑星衝突? 確率300分の1とNASAという記事より。

25年後に小惑星が地球に衝突するかも−。米航空宇宙局(NASA)の小惑星監視グループが23日、今年発見されたばかりの直径約400メートルの小惑星「2004MN4」の軌道を計算したところ、2029年4月13日に地球に衝突する確率が約300分の1あるとの結果が出た。

300分の1の確率は、この手の情報としては意外に高いような気がしますが、いかがなものか。「仮に衝突すれば、津波などの大きな被害が予想される」って、きっと津波レベルじゃ済まないですよね。

小惑星は今年6月に米アリゾナ州で観測者が初めて見つけ、今月18日にオーストラリアで再び観測された。地球より小さい円を描いて太陽の周りを323日かけて回り、その間に2回、地球の軌道を横切る。

まだまだ未知なることがいっぱい、なんて改めて考えます。