全国初の“同姓同名”村長選2人とも落選という記事より。結果はもう一人の候補が圧勝。

キャンキャン対決の2人は村の同じ集落の住人だった。薫氏の兄の妻と、馨氏の母はいとこで、薫氏の母親は馨氏のおむつを替えたことが、あるという。薫氏は馨氏を「かおる」と呼び、馨氏は年上の薫氏を「兄貴」と呼んでいたという。