年収400万円以下に照準、日清が所得2極化にらみ低価格麺開発へという記事がありました。

「日本人は年収700万円以上と400万円以下に2極化する。700万円以上の消費者向けに高付加価値の健康志向ラーメンを、400万円以下の消費者向けに低価格商品を開発する」

日清食品の安藤社長が、2004年9月中間期の決算発表の場で「藪から棒に」発言した言葉だそうです。「食品に限らず日本で消費財メーカーのトップが、具体的に所得階層別の商品戦略を示したのは初めてだろう」ということで驚きもあるのですが、つまりは日本も高所得者と低所得者の差が開きつつある、または近い将来に大きく開くであろうことをにらんでの発言だ、ということです。

業界の注目を集めるのは、その真意と、来秋にも発売すると見られる年収400万円以下向けの商品の値付けだ。看板商品である「カップヌードル」の店頭売価は通常150円。新商品は100〜130円を想定していると見られるが、もしカップヌードルより安価なカップ麺を本格投入することになれば、同社では約30年ぶりになる。

“1億総中流”なんて言っていましたが、そうではない時代がすぐそこに。ま、美味しくて安ければ大歓迎なんですけどね。

カップヌードルを常時100円以下で販売するドラッグストアなどの「安売り」を快く思っていなかった日清が、小売店から「それならば安く売ってもいい商品を出してくれ」と言われて開発するのが今回の製品ではないか、という見方もできるそうですが。

ただ課題はむしろ低価格品が高い評価を得て、好調に売れた時に待ち受けているかもしれない。「年収400万円以下」「ディスカウンター」以外の所得層や店舗にニーズが広がる可能性があるからだ。

日本はまだ、はっきりと二極化している訳ではありませんから、当然こういう事態は想定されると思います。そうなると「カップヌードル」と食い合いをしてしまう危険性があるということですね。ビールが発泡酒にシェアを取られてしまったようなことが再現されるのでしょうか?