DDIポケットが新コンセプト端末「ジャケットフォン」を参考展示という記事。

DDIポケットは11月26日,来年以降に発売予定の新コンセプト端末「ジャケットフォン」(仮称)を参考展示した。ジャケットフォンは,決められたインタフェースを持つ端末に10円玉大サイズの通信モジュールを差し込むことで,通信機能を持たないハンドセットや音楽プレーヤーなどをPHSとして利用できるようにする。

これ面白い! かなり具体的になってきましたね。CFカードなどで通信できる訳ですから、当然こうしたサイズで登場しても不思議ではないのですが、「決められたインタフェース」がポイントな訳ですよね。「通信モジュールと端末固有の機能を分離すること」で、PHS端末のノウハウのないメーカーでも端末開発に参入しやすくする狙いがあるそうです。楽しい端末が増えれば、利用者獲得にも繋がりそうです。

特に目を引いたのは,音楽プレーヤー型端末(写真1下)。PHSの定額・常時接続サービスを使うことで,インターネット・ラジオや音楽配信サービスが利用可能になるという。

良いですよね、こういうの。