運転免許証の自主返納、静岡が全国一 昨年1年間で1400人超えるという記事がありました。

「まじめなお年寄りが多い?」「事故が多く、運転に不安?」。日本一の理由は諸説さまざまだが、返納すれば事故の加害者にならなくなることは確実。県警は「免許がなくても不便のない人は、体の機能の低下を感じたら、勇気を持って返還してほしい」と話している。

免許証って、クルマの運転はもちろんなんですけど、写真付きの身分証明書という役割も大きいと思うんですよね。でも、そういう機能がなくても特に不便に感じない、持っていると運転してしまいそう、でも事故が怖いとか、そういう理由があるのでしょうか。

免許の自主返納制度は、高齢などで運転する意思がないドライバーが自主的に免許取り消しを申請できる制度。98年の道路交通法改正で定められた。返還後、希望者には名前や住所が入った身分証明書「運転経歴証明書」が、免許代わりに入手できる。

県警が聞いたところによると、

・体の機能の低下を感じた(847人)
・運転の必要がなくなった(640人)
・高齢者講習の際の適正検査の結果(341人)

という理由だったそうです。自分の体力が落ちたことを理由に免許を返還するのは、確かに勇気が要りそうです。どちらかというと、免許制度ですから適正検査とかきちんとした方が良いようにも思いますね。最近は紅葉マークをつけている人も随分と見かけるようになった気がします。