PDA用OSでWindowsがPalmから首位奪取という記事より。

調査会社Gartnerが11月12日発表した7~9月期の世界PDA出荷統計によると、PDA用OSのシェアで、MicrosoftのWindows CEが初めてPalm OSを抜いて首位に立った。

世界でのPDA出荷台数は約280万台で、

・Windows CE 48.1%
・Palm OS 29.8%
・Research In Motion(RIM) 19.8%
・Linux 0.9%

という順位になっているそうです。Palmは去年の46.9%から大きく下落しています。

「Windows CEの堅調ぶりは、ベンダーの選択肢の幅広さが一因となっている。Palm OSの出荷減少は予想されていたが、これほどの規模になるとは思わなかった。同社はリソースの大部分をスマートフォン事業につぎ込んでおり、2005年はpalmOneが投入するPDAの数も減る見通しだ」

戦略転換が大きく影響しているようですね。

Palmの達人―Palm/Visor/WorkPad/CLIE/TRG Pro対応

Palmの達人―Palm/Visor/WorkPad/CLIE/TRG Pro対応