日本人の数値人体モデルDB「TARO」と「HANAKO」公開という記事より。

独立行政法人・情報通信研究機構(NICT)はこのほど、日本人の数値人体モデルデータベースを無償公開した。ワイヤレス機器が発する電波と人体の相互影響をコンピュータ上でシミュレーションするために開発したものだが、自動車の衝突被害解析など各種分野への応用が可能だ。

いわゆる日本人の成年男女の平均体型を再現したものだそうですよ。核磁気共鳴装置(MRI)で得たデータを基にしているのだそうです。骨格や断層画像がありますが、名前と反してあまりかわいいものではありません。当たり前ですが。

北里大学、慶應義塾大学、東京都立大学と共同で開発した。今後、任意の姿勢や体型、解像度に変形可能な高機能モデルの開発も進めていく。

非営利研究が対象ですが、今後は営利目的にも有償提供を検討しているそうです。