Be社元CEOガセー氏、PalmSourceの会長に就任という記事より。

米PalmSourceは2日(米国時間)、10月28日付で辞任したEric Benhamou氏の後任として、同社取締役のJean-Louis Gassee氏が会長に就任することを発表した。Gassee氏はベンチャーキャピタル企業Allegis Capitalのゼネラルパートナーとしての業務の傍ら、2002年6月から同社取締役を務めていた。

元Apple、そして元Beのジャン=ルイ・ガセー氏が、PalmSourceの会長に就任したそうです。

Gassee氏は、メディアOSとして一世を風靡した「BeOS」の開発/販売元であるBe Inc.の創業者。Beでは会長兼CEOとして普及に努めたが、OS単体の販売が振るわなかったうえ、Macintoshの次世代OSとして採用される目算がAppleのNeXT Software買収により消滅。

あー、あった! そんな話も! 物凄く懐かしいですね。BeOSはPower Macにインストールしてみたりしましたが。

■関連記事

PalmSource新会長にジャン=ルイ・ガセー氏

ガセー氏の現職はベンチャーキャピタル会社Allegis Capitalのジェネラルパートナー。それ以前はComputer Access TechnologyとBeで経営に携わり、9年間務めたApple Computerでも幹部職を歴任している。