今年の「グッドデザイン大賞」は“形のないもの”という記事より。

「2004年 グッドデザイン賞」のグランプリにあたる“グッドデザイン大賞”が決まった。「グッドデザイン大賞」は、すべての受賞対象の中から、最も優れているデザインに贈られる最高賞。そして2004年度の大賞は、決選投票にもつれ込んだ後、長いグッドデザイン賞の歴史でも初めて“形のないもの”が受賞した。

Premini(ムーバSO213i)、クラウンロイヤル/クラウンアスリート、ミューチップ(非接触チップ)等を抑え、なんとNHKの「ドレミノテレビ」「にほんごであそぼ」が“グッドデザイン大賞”を受賞しました。

さらに異色なノミネート作品が、NHK教育テレビの子ども向け番組「ドレミノテレビ」と「にほんごであそぼ」の2つ。とくにドレミノテレビは、「子ども達にこそ本物の音楽を」(NHKの坂上浩子チーフプロデューサー)という方針のもと、童話などを歌う“歌のお姉さん”にアーティストのUA(ううあ)を登用して話題になった。「子どもの見る目は厳しい。面白くなければ見てくれないし、幼児っぽいものは嫌い。本物が大好き」(坂上氏)。

うちも子供が小さくて、どちらの番組も見ていたので、なんだか嬉しいですね。どちらの番組も、これまでにない意欲的な子供向け番組だと思います。特に「にほんごであそぼ」は、ヒビキも熱心にして見ていますし、大人が見ても面白いです。落語、講談、狂言など、昔国語の時間に習ったな的な話が中心ですが、それを分かりやすいというよりは、感覚的に「楽しい」と思えるような作りになっています。日本語って面白いんですね、ということは再発見。NHK教育で是非見てみてください。

にほんごであそぼ 萬斎まんさい

にほんごであそぼ 萬斎まんさい

にほんごであそぼ コニちゃんさんよう

にほんごであそぼ コニちゃんさんよう

ドレミノテレビ(1)

ドレミノテレビ(1)