「新潟県中越地震」と命名だそうです。

気象庁は24日、新潟県中越地方を震源として23日午後5時56分ごろ発生した地震を「平成16年(2004年)新潟県中越地震」と命名した。今回の地震はM6・8だが「ライフラインに被害が及ぶなど、社会的に顕著な被害が出ていると判断した」と説明している。

◆◆◆ 新潟県中越地震義援金・物資・ボランティアをお考えの方への情報 ◆◆◆

10月23日に発生した新潟の地震は「新潟県中越地震」と命名されたそうです。日が明けて今日、亡くなった方をはじめ被害が次々と明らかになってきました。埼玉でも震度5の地震だったということで、地震の大きさが伺えます。規模の大きな地震が断続的に発生したのは珍しいですね。亡くなった方々のご冥福をお祈りいたします。

追記:

寝床は1畳分、トイレ20分待ち…避難所は極限の忍耐

ロビーで夕食が配られる。50メートル近い行列ができた。「離れちゃダメ」。人込みをかき分けるようにして進む母親が男の子に注意した。メニューは、おにぎり2個とみそ汁と小さなペットボトルの水だけ。みそ汁は量が足りず、全員には行き渡らなかった。

赤ちゃんはどうしているんでしょうね。心配です。こういう記事を目にするだけで切なくなってしまいますが、何か遠方からできる援助はあるでしょうか。

被災地の山間部、27日朝には雪も

26日夜には、この秋一番の寒気が入り、27日午前中にかけて山沿いを中心に雪やみぞれ混じりの雨となって、5度前後まで冷え込む見通し。

クルマやテントで生活している方が多いので、何より健康が心配です。

■関連記事

データ復旧センター、台風23号と新潟地震で壊れたハードディスクを無償復旧

株式会社データ復旧センターは25日、台風23号および新潟県中越地震における被害によって障害が生じたハードディスクの無償復旧サービスを開始すると発表した。受付期間は11月25日正午まで。ただし、受付が50件に達した時点で終了する。

アイ・オー、台風23号や新潟県中越地震の被災者向け特別修理対応を実施

今回の修理受け付けは、保証期間に関わらず修理可能な状態であれば修理費用から技術料を無料とするもの。また、製品が修理不可能な場合では新品の同製品を特別価格で販売する。なお、製品が既に販売終了品である場合は、相当の現行製品で対応するという。

バッファロー、新潟県中越地震の被災者を対象とした無償修理サービス

今回のサービスは、被災により生じた同社製品の故障について無償で修理や点検を行うもの。新潟県中越地震により災害救助法が適用された地域に居住するユーザーが対象となる。修理は、同社サポートセンターへ問い合わせの後に修理センターの専用窓口に製品を送付するかたちで受け付ける。

通信網の復旧が進み、支援の手も広がる - 新潟県中越地震

現在も余震が続く新潟県中越地震では、停電などにより通信網が大きな被害を受けた。26日になり、電力が少しずつ回復、通信網は復旧が進んでいる。26日15時現在の状況をまとめた。

ユニクロ 1億円分の衣料を寄贈

衣料品店「ユニクロ」を展開するファーストリテイリング(山口市)は、ユニクロの衣料4万4000着(約1億円相当)を長野県へ寄贈した。泉田新潟県知事と協議した田中康夫長野県知事からの依頼によるもので、コート、フリース各1万着、子供向け下着4000着など。

検証・新幹線脱線 軽量化に危うさ潜む

列車は地震の衝撃で脱線した後も、軌道内をかろうじて走り続けた。新潟県の地震による上越新幹線の脱線事故は、旧型の重い車両のおかげで転覆を免れていた可能性の高いことがわかったが、業界ではスピードアップのために軽量化が進んでいるのが実情だ。

新潟地震直撃! 生島ヒロシ新幹線缶詰め6時間

「走行中にドーンときて、『あ、揺れたのかな?』と思ったら、急にスローダウンした。窓の外を見たら、街の灯りがどんどん消えていった」とその瞬間を振り返る。

焼肉楽しむたくましさ…パワーもらった

だが…小千谷市役所の目の前で飛び込んできた光景は、電気もガスも水道も止まっている中、炭火で焼き肉を焼きつつ笑顔で食事をしている家族だった。近づくと「東京から来たんだ。食べていけば」。被災したにもかかわらず、この優しさとたくましさに、焼き肉以上のパワーをもらった。

安否情報こちらへ、伝言ダイヤルやラジオ

NHKはFMラジオと教育テレビで通常番組を中止し、被災地の知人や親せきの消息を尋ねたり、無事を知らせる「安否情報」を流し続けた。受付電話は044(871)8440、06(6910)3320。

中越地震の傷あと深く…道路にSОSの文字も

「SOS」。揺れが激しかった小千谷市十二平地区に現れた悲痛な叫び。周辺道路が寸断され孤立した住民たちが、空からの助けを求め、必死で書き上げたとみられる。

食料不足の被災地 コンビニは露天営業

小千谷市旭町のセブン―イレブン小千谷東山松酒店は地震当日から露店営業を始め、食料などを求める付近住民に好評。23日午後11時に入荷した約300個のおにぎりやパンは約15分で完売。24日も住民が並んだため、午前6時から“開店”。

新潟で3度の震度6強の地震 死者も

震源は深さ約20キロ、マグニチュード(M)は6・8。同6時34分ごろまでに、さらに震度6強が2回あったほか、震度6弱や5強など、余震とみられる激しい揺れが断続的に発生した。