チーム名を「東北楽天ゴールデンイーグルス」というニュースより。

来季からのプロ野球パ・リーグ参入を目指すインターネット関連業「楽天」(本社・東京、三木谷浩史社長)は22日、日本プロ野球組織(NPB)への加盟にあたり、新球団のチーム名を「東北楽天ゴールデンイーグルス」にすると発表した。

なぜイーグルかというと、「東北6県に生息する天然記念物である勇壮なイヌワシにちなんで」ということです。通称は「楽天イーグルス」とするとのこと。

三木谷社長は記者団に対して「(イヌワシは)東北6県すべてに生息しており、優雅に飛んで狙った獲物ははずさない。いい名前だと思う。長いので『楽天イーグルス』とも呼んでもらいたい」と笑顔で話した。

「仙台」ではなく「東北」ということなんですね。

■関連記事

球団名、二重の“類似” ベガルタとも重なる

楽天は22日に新球団名とともに、商標登録申請を済ませたことを発表、ライブドアは球団名を公募し、応募の多かったイーグルズなどの10件を21日に出願した。