桑田移籍志願「投げられるところで」 というニュースより。

「ジャイアンツには今までお世話になったし愛着もある」としながら、20年目を迎える来季、厳しい状況であることも理解している。「実力でローテを獲るのは毎年のこと。いらないといわれれば、ほかでやるしかない。そのときの準備はしておく」と話した。さらに移籍が取りざたされる盟友・清原とも「ほかの球団に行くなら行けばいい。『楽しく長く野球ができればいいね』と話しました」と明かした。

例えは二人揃って新球団への移籍というのはどうですかね。物凄い目玉になりそうですか。新しいチームには、勝負師のDNAは絶対欠かせないと思います。

ちなみに、桑田の中には「200勝を最優先させたい」というこだわりがあるそうです。現在、172勝。そして37歳。年間14勝を2年続けて39歳。現役40歳もあり得なくはないですが。なにんしても、頑張って欲しいものです。

試練が人を磨く―桑田真澄という生き方