SME「レーベルゲートCD」が終了へという記事より。エイベックスも“弾力的な運用”というのに移行しています。

レーベルゲートCDは2002年11月に導入。「音楽の著作権保護とその重要性を訴える」などとして導入したが、現在は「導入前に比べると、著作権保護に対して多くのユーザーの意識が高まり、一時の混乱期を脱したと判断」。「音楽ユーザーが求める音楽パッケージのあるべき姿」について慎重に議論し、レーベルゲートCDの終了を決めたとしている。