ソニーが複製防止CD全廃 11月17日以降というニュース。

ソニー・ミュージックエンタテインメントは30日、同社グループのレコード会社が発売するCDに導入してきた違法複製防止機能を10月発売分の一部から段階的に終了し、11月17日以降の新譜から全廃すると発表した。

「レーベルゲートCD」を減らしていくそうです。エイベックスに続いてソニーも。この動き、日本での音楽ダウンロード販売の加速に繋がっていく予感も。

方針転換した理由について「多くの音楽ユーザーの意識が高まり、一時の混乱期を脱したため」としているそうですが、やはり本当にCDを購入している本当のお客さんからは評判が悪かったのではないでしょうかね。