ボーダフォン、3Gに本腰~7機種投入で「十分戦える」という記事より。

NokiaやMotorolaなど海外ベンダー製端末を含め、3G端末を一挙7機種投入するボーダフォン。ほとんどが、海外でもそのまま利用できるほか、サービススペックの面でも他社を大きく凌ぐ。新しい3Gを武器に、ドコモやauとも「十分戦える」とした。

なんだか「ようやく」という感じでしょうか。

ボーダフォンの発表と併せて、Vodafoneグループとしても3G端末10機種を世界同時発表しており、その中の7機種が日本に投入されました。「グローバル調達に基づく初めての製品群」だそうです。

3つ目は、国際ローミング機能の強化。7機種のうち、NEC製の802Nを除く端末が、GSM/W-CDMAにデュアル対応しており、海外での音声通話はもちろん、データ通信、テレビ電話のローミングにも対応している。

海外でもデータ通信できるというのは嬉しい限りです。

発表会でたびたび質問として出た、「定額制の導入」については、検討中とするに留めた。

■関連記事

ボーダフォン、3G携帯新端末7モデルを発表

各端末は、Webサービスおよびメールサービスの共通プラットフォームとしてWAP2.0/MMSを採用。従来200Kバイトまでだった1ページあたりのダウンロードと添付ファイルを含むメールのサイズが300Kバイトまで拡大された。また、Vアプリのアプリケーションサイズも従来の256Kバイトから最大1Mバイトとなっている。