ライブドア 仙台を本拠地に参加申請という記事より。

プロ野球への新規参入を目指しているライブドア社(東京・新宿区、堀江貴文社長)が新球団の運営会社「株式会社ライブドアベースボール」を設立。16日、日本プロ野球組織(NPB)へ参加申請を行った。新球団は本拠地を宮城・仙台市の県営宮城球場に置く。

運営会社も設立し参加申請も完了。ここまで来れば承認されるような気もしてきますね。着々と計画は進行中です。

「仙台市に決めた1番の理由は決断が早かったこと。東北は野球文化が根付いているにもかかわらず地元の球団がなかった。新しいエンターテインメントを提供することで、東北の振興にも一肌脱げるし成功する確度は高い」と堀江社長。仙台、そして東北としてはウェルカムですよね。

同社は1試合平均2万3000人の観客動員、年間5億円の営業利益などを目標に掲げたほか、サッカーJリーグ2部のベガルタ仙台との提携も示唆。

サッカーと野球の連携、これもまた楽しみの一つでありますね。

仙台にプロ野球チームというと、少し前までスペリオールで連載されていた「ボールパークへようこそ」を思い出します。女性オーナーがプロ野球チームを買い取り、仙台野球園(仙台ボールパーク)を本拠地にし、さらにそこに現役メジャーリーダーを連れてきて‥‥となんだかライブドアの話を地でいくような展開のマンガです。子供たちに野球の楽しさを! 最後はそんな感じで終わりました。

ライブドアの使命としては株主還元だと思いますが、是非球場で見るベースボールの楽しさを、仙台を始めとした東北の子供たちに伝えて欲しいと思います。スポーツを生で見るのって、やっぱり感動しますよ。特におらが町のチームだったりすれば、格別です。

Amazonで「ボールパークへようこそ」を見てみる

■関連記事

ライブドア宮城進出、知事は初会談で快諾

「宮城で新球団を設立したい」と切り出した堀江社長に、その場で快諾したという。「以前から地元で盛り上がりがあった。即決は不思議なことではない」。77年まで仙台に本拠地を置いたロッテは観客動員数が1試合平均約1万6000人。「それぐらいは計算できる実績がある」と強調した。ただ、「(申請が認められるかどうかは)不透明な部分があり、喜びも半分。ハードルは高い」と慎重な姿勢もみせた。